てらす西阿知

倉敷市西阿知にある児童発達支援・放課後等デイサービスの障がい児通所支援事業所です。随時、見学を承っております。

3月の活動様子

   

今年度も残りわずかとなりました。

この1年間で、子どもたちは自分のペースでそれぞれたくましく、たのもしく成長してくれました。来年度へ向けた準備を進めるとともに、また退所されるお友だちもいますので残りの日々を共に楽しく過ごしていきたいと思います。

 

3月の活動様子

ひな人形飾り🎎

あかりをつけましょぼんぼりに~🎵

4番まである長い難しい歌詞を覚えてみんなで歌いました♪

おだいりさま=男姓の人形(おびな)

おひなさま=女姓の人形(めびな)

と思ってましたが、実は男女の人形をお内裏様、飾られた人形全部をお雛様って言うらしいですよ。知ってましたかぁー❔子ども達にお話しましたが難しかったみたいですね…😅。お雛祭りを知るために歌や紙芝居、お雛人形飾りを作りました。

細長い色画用紙を交互に折り畳み、千代紙を小さくちぎって貼り付けて着物を作りました。

 

烏帽子や👑を飾り、顔を描いてそれぞれとっても優しいお雛人形が完成しました。どのお顔もほっこりしますねー😊

 

👛お買い物ごっこ👜

お店屋さん、お客さん、お家作り(お家で留守番する人)に分かれてそれぞれの担当を楽しみました。

・お家担当

買ってきたものを入れる冷蔵庫を作りました。

 

・お客さん担当

買うものリストを書いていく子、頼まれたものを覚えていく子など、めあてに沿って取り組みました。

・お店屋さん担当

野菜やくだもの、お菓子などをそれぞれ仕分けして並べ、お店の準備をしました。「いらっしゃいませ~」「何がいりますか~?」「ありがとうございました~」と、お店屋さんならではの言葉を使い元気よく挨拶、コミュニケーションを楽しみました。

買ってきたものを冷蔵庫にしまい、お食事の準備をしました。お腹すいたよー😋✨

子供同士で相談する、自分の意見を人に伝える、友だちと協力して準備を進めるという活動を通し、人間関係を深めることができました。また、お店屋さん、お客さんになりきって遊び、表現も学びました。

 

 

 

 

 

 

太田先生

出身はくまもんで有名な熊本県。
情に深く、情熱的な火の国の女です。が!!
岡山に住んで30年。すっかり岡山県人です。

 - スタッフブログ